西日本新聞連載 第4話

新規参入したころ、早く成功させようと焦ったのか、

地元の人を雇い、機械も買って、なのに収入は少なく、

県の職員の退職金は、数年でほとんど使い果たしてしまいました。

でも当時のいろんな失敗はすべて、今になって考えると、あちこちで講演したり助言したりしている私にとっては、どうしても体験しておくべきことだったんだなあと思います。

ピーマンは長雨で斑点細菌病が広がるし、

ナスやピーマンはカメムシが群がるし、

ナスはニジュウヤホシテントウを毎日毎日つぶしてた・・

ブロッコリーも毎日毎日虫取り・・

でも今は、虫取りはほとんど不要になってしまった・・

 

話し好きのはずの僕ですが、あのころはほとんど毎日、朝日が昇る前から日の沈んだあとまで、黙々と働いていました。

今は畑6割、講演行脚4割くらい・・ちょうどいいバランスだなあと思っています。

講演中は優秀なスタッフがしっかり菌ちゃんふぁーむを守ってくれています。

f:id:kinchanfarm:20180712195810j:plain

 連載はまだまだ続きます。昨日の7月11日は、第12話、敵のはずのモグラが味方になる話でした。
もし西日本新聞をとりたいなあと思ってくださる人がいましたら、
私にメール下さい yoshi3@alpha.ocn.ne.jp
近くの配達店から、水曜日から次週水曜日までの8日間、配ってくれて、試読できますよ。