菌ちゃんげんきっこ使用者からのメール その13

菌ちゃんふぁーむネットショップに送られてきた感想のメール。

今回は、13回目。12回目の公表以降に送られてきたものです。

 

これらを読むと

やはり微生物の発酵の力、菌ちゃんパワーはすごいなあと実感させられます。

でも、菌ちゃんげんきっこは奇跡のお薬ではありません。

単なる食品です。

ただし、その中には

すべてのミネラルが揃っている海で、元気に生きる飛び魚とイリコと昆布。

そして、膨大な微生物とつながって育ったオーガニック野菜

つまり、主要、微量ミネラルと、ファイトケミカル(抗酸化成分)と、微生物代謝物質と、植物内生菌がたっぷり含まれています。

これらは、現代の購入食に特に欠けているものです。

外出禁止に備えて、即席食料品類を買い込んでいる人々のニュースを見てると

それでちゃんと免疫力が保てるのか心配になります。

外食できない機会だからこそ、

オーガニック野菜や小魚、無添加みそ、しょうゆをちゃんと買って

家で料理して欲しいです。

 

・・・・

●菌ちゃんげんきっこは、味噌汁、和え物、チャーハン…

何にでも合わせられてとても便利です。

私は和え物に加えて食べるのが好きです!

小学生の娘は「菌ちゃん入ってるお味噌汁大好き!」「これも菌ちゃん入ってる?」

と喜んで食しています。

そんな娘が一番「菌ちゃんげんきっこ」の効果が現れています。

髪の毛が伸びるのがとても早いことと、体温です。

学校がお休みの間、健康観察をチェックすることになり、

36.4~36.5℃だったのが、36.7~36.9℃になりました。

 

毎日せっせととっています。

おそらく三週間終わる頃でしょうか?二袋がもうすぐ終わろうとしています。

今週に入って、見違えるようにきれいになってきました。

湿疹の強い手のひらのむくみもかなりなくなり、

それに伴いあかぎれていたところもすっかり傷がなおってきています。

ありがとうございます(^-^)

 

お味噌汁は毎朝食べていましたが

更年期で毎日疲れやすいのと、気分の浮き沈みがあり

子どもにも急にイライラしてしまうのが悩みでした。

これは体の中、腸に問題があるのでは!?と思い当たり

げんきっこを取り入れた生活に本気で取り組んでみることにしました。

げんきっこ一袋食べ終わって驚いていることは

抜け毛が減ったこと!

日中の眠気がなくなったこと!

朝の寝覚めがいいこと!

毎朝腹筋はしていましたが

落ちにくかったお腹まわりの贅肉がスッとしてきたこと!

良い変化が起きると前向きな希望が持てますね

今まで「歳をとる一方」と日々希望が薄れていくような感じがしていましたが(笑)

腸活って人生変えるな〜と思いました!

同時に、食べるものでこれだけ身体の変化を実感すると

どんなものを身体に入れるか、口にする食べ物に今まで以上に意識的になりました。

4種類食べ比べて我が家で一番人気は「吸収力強化タイプ」!

スプーンでそのまま食べても蟹味噌みたい?な味でとっても美味しいです

 

●毎日みそ汁のダシに足して使っております。

4人いる子ども達は、好き嫌いが多く、好みもそれぞれに違うので、

みそ汁に入れるだけで良くて

お手軽に栄養補給できるこのげんきっこふりかけはとても助かっております。

わたしは便秘知らずになり、疲れにくくなったように感じます。

また、頭も冴えてイライラも少なくなっているように感じています。

ママ友にも勧めています(^^)

 

●毎日、朝か夜に小さじ1杯食べています。

げんきっこを食べ始めたことで、

何点か生活習慣を改善し、自分の体調と向き合っています。

現時点において一番の変化は、

生理前に来るおなかの膨満感が無くなりました。とても楽です。

イライラ感もコントロールできるようになりました。

 

週末のトイレットペーパーサバイバルすごかったです。

とにかくすごかったです。オイルショックを思い出しました。

普段から2週間分の備蓄を心掛けているので傍観しておりましたが

ふと、トイレで思ったのです。

「なんでそんなにトイレットペーパーを使うのか」と。

元気っ子を振りかけるようになってずいぶん経ちますが

立派なう〇ちが、つるん!と出てくれます。

そしてティッシュにはほとんど何も付きません。

なので何度も拭いたりしません。

でも、思い出したんです。

元気っ子を取るようになる前のことを。

確かにフン切りが悪かった!

何度も拭いてました。そして拭いても拭いても付いてました。

そうだった、そうだった。

いつからこんなにフン切りの良い人間になったんだろ!

素晴らしい!

お腹の環境も良くなるし、地球環境も良くしてるじゃないか!

菌ちゃんありがとう!

ふと、トイレで思ったことでした。

(腸内が発酵環境になると、ウンチの切れが良くなります)

 

先月2歳になった娘がいるのですが、

実は、離乳食の時期から本当に何も食べない子で、

母乳だけで2歳直前まで育ってきました。

何を見せても「NO!」と言って断固として拒否をする意思の強い子で、

周りの人たちには心配されつつも(笑)、

全く食べないこと以外はとても健康で元気にすくすく育っていたので、

「きっとこの子のタイミングでいつか食べ始める時がくるはず」

と辛抱強く待っていました。

それが2歳になる少し前、旧暦の正月になったとたん、

「菌ちゃんげんきっこ」をぱくぱくと食べ始めたのです。

しかもご飯にふりかけるとかではなく、単体でそれだけをもくもくと(笑)

でも、そのおかげで体重も増えてきました。

私たち家族にとっては、娘が液体以外のものを食べてくれるのは、本当に嬉しく、

「菌ちゃんげんきっこ」に感謝しかありません。

ありがとうございます。

そして、もう1つ、娘が大好きなものが、

りんごと菌ちゃんふぁーむの人参をジューサーにかけてジュースにしたものです。

りんご&人参ジュースと菌ちゃんげんきっこと母乳しか、未だに口にしないため、

娘は菌ちゃんふぁーむのおかげで成長していると言っても過言ではありません(笑)

 

●少しずつですが、体温が上がり便秘も無くなりました。

毎年、花粉で鼻づまりが酷かったのですが、

今のところ何も無く毎日嬉しく過ごす事ができ有難いです。

今年の1月から菌ちゃんげんきっこに出逢えたことに感謝しております。

 

菌ちゃんげんきっこを使い始めて、

同時に野菜をできるだけ丸ごと食べる事、よく噛むこと、

そして食事中に水を飲むのをやめました。
最近、あまりイライラしなくなったのを感じます。

そして、好転反応でしょうか、花粉症の症状が例年よりひどく出たのですが、

間もなく治まってしまいました。

不思議です。

 

写真は、夕日を浴びる菌ちゃんふぁーむ

f:id:kinchanfarm:20200327144831j:plain

 

 

菌ちゃん野菜作りDVD新発売

とうとう、菌ちゃん野菜作りのノウハウビデオが完成しました。

f:id:kinchanfarm:20200317175428j:plain

このDVDホントよく出来てます。

時々私がやって見せたり、ポイントを伝えたりしながら、

若い親子がベランダで菌ちゃんの土作りして、野菜を育てるまでを描いています。

プランターに草だけ入れて
それで、とても元気に野菜が育つまでを見てると
こんなに簡単に菌ちゃん野菜ができるのがびっくりするはずです。
プランターを置ける場所があればいいのですから、
アパートにお住まいの方も、やってみたくなりますよ。
今すぐ始めたら、6月にエゴマ空芯菜をまくのがお勧めです。
プランターが大きければ、トマトやピーマンほかポット苗を植えて下さい。
.
草ではなく生ごみを使うやり方も載せていますが、
1か月密封した生ゴミを幼児が食べてる映像も出てきます。
本当に美味しい漬け物にするのがコツなんです。

おまけに、
映画「いただきます ここは発酵の楽園」には入れられなかった、
病欠が激減したマミー保育園の食事作りのポイントも
詳しく取材しています。
全体がプロの手で、撮影、編集された、ハイレベルな作品なのに
多くの人に普及して欲しくて1700円なんです。
送料は180円。
げんきっこ2つを加えても送料210円です。
購入は菌ちゃんふぁーむネットショップ http://kinchan.ocnk.net/

f:id:kinchanfarm:20200317175356j:plain

 

新型コロナウイルスと農業の関係

同じコロナウイルスにかかって、
まったく無症状で元気な人と、
みるみる悪化してしまう人がいる。
あまりに違いが大きいのはなぜ?
.
実は同じ現象が農業の世界ではすでに起きていたんです。
これは同時に植えた白菜の同じ時の写真。土が違うだけで、虫害がこんなに違うんです。

f:id:kinchanfarm:20200313225451j:plain



これは同じ畑に植えた同じ白菜。

f:id:kinchanfarm:20200313235409j:plain

隣同士のウネなのに、片方だけ病気が激発。そのウネは、雨のあとまだ土が十分乾いていないときにトラクターを入れて土を練ってしまったのです。
それに気づいて、1ウネだけで耕うんを中止し、それから1か月くらい経過して苗を植えたものです。
土の状態の違いだけで、地上部の白菜はこんなにも大きく違ってしまうのです。
.
簡単に言ってしまうと、土の中が菌ちゃんだらけの発酵状態だと野菜はとても健康で病害虫が来ない。
反対に土が腐敗状態だとみるみる病害虫にやられてしまう。
とにかく、品種も同じ、時期も同じ、土の違いでこんなにもやられ方が違ってくるのです。

 

f:id:kinchanfarm:20200314061925j:plain

この人参も、本の数メートルしか離れていない場所に、私が同じ品種を植えたもの。
虫害は、虫のせいとは言えないですよね。
.


私が農業改良普及員だったころ
こんな事例もよく聞きました。
とても元気に栽培していたハウスキュウリ
数年経過したころから、立ち枯れ病が目立つようになったので、土壌をクロルピクリンなどで、殺菌しました。
それでまた元気に育つようになり、
病原菌を殺すことが大切だということがよくわかりました。
.
数年後にはまた立ち枯れ病が目立つようになりました。
それで、もっと濃く、もっと深く、そして年に2~3回も、土壌を殺菌しました。
それで、また病気にかからず育つようになったのですが、
それから数年後、見学者がハウスに入っただけで、
靴の底にでも病原菌がいたのでしょう。
立ち枯れ病でハウス全体が全滅。
しかもこれまでと違う異常な速さで病気が蔓延し激発状態。
それからは病原菌が怖くて見学者も入れさせないようになりました。
.
長年の消毒により、病原菌も有用菌もいなくなった畑で、かろうじて育っていたキュウリは、いったん病原菌が入ると、競争相手のいない世界で、食べやすいキュウリがあるのですから、激発してしまったのです。
.
これを人に例えると、
長年の抗生物質の使用や、無菌生活を続け、腸内細菌の種類も量も減った人は、ウイルスにとって大変感染しやすく、容易に発病してしまうと言えないでしょうか。

 

f:id:kinchanfarm:20200313230701j:plain

.
だとすると、さらに抗生物質を使ったり殺菌を徹底して良いのでしょうか?
それよりも、腸内細菌をもっと増やして発酵型にする必要がありませんか?
その方法はとても簡単なことです。
農業で起きたことから推察すると、それを実践したら、もともと抵抗力が弱い方々も、コロナウイルスに劇的に強くなってくるような気がするのです。
.
具体策はこちらを見てね。http://kinchangenki.hatenablog.com/entry/2020/03/01/200511

 

結局、自分の免疫力

新型コロナウイルスの特徴がだいぶわかってきました。
かかっても、症状がまったく出ない人、自然に回復する人が多い中で、
急速に重症化していく人、死ぬ人もいる。
症状が出なくても他人に感染させる場合もあるため、
現代社会では、実際問題として、感染が広がるスピードは遅らせても、
止めることはほぼ不可能。
感染しても特効薬はなく、自分の免疫力で回復するのを待つしかない。
・・
と言うことは、結局逃げても無駄で、
生きている人、私たちは全員、遅かれ速かれ、乗り越えるしかない。
乗り越えられず死ぬかもしれないのがちょっと怖いけど、
確率はとても低いのだから、覚悟を決めるしかない。
そんな感じになってきそうな予感がします。
・・
.
ここで言いたいことは、
偶然、誰かが選ばれて死ぬわけではないということです。
間違いないことは、自己免疫力が十分あれば乗り越えられるわけです。
ところが、
抗生物質などクスリに頼る生活、無菌生活の長年の積み重ねによって、
自己免疫力がかなり弱体化している方々が増えてきている。
その方々は、免疫力が弱くても生きられる環境下で暮らしていたが、
今回、クスリの効かないウイルスの出現で、
病院ではどうにもできず、せめて栄養の点滴や酸素吸入で加勢しながら、
患者が、自分の弱い免疫力で戦う様子を見守るしかない・・
そんな状況ではないでしょうか。
・・
.
結論は、みんなで、まともな免疫力を回復するしかないのです。
ではどうやったら免疫力を上げられるか?

私たちは何段階にも組織された複雑な免疫システムを持っています。
誰が仕組んだのだろう、すごいとしか言いようのないもので、
まさに神の領域ですから、その中身は神様(身体)の判断にまかせて、

私たちはその免疫力を十分発揮できるような生活をすれば良いのです。
実はそれが意外と簡単で、1か月以内に免疫力はかなり上がることが、
私のこれまでの経験からわかりました。
・・
その方法は大きく分けて3つ。
・腸内を発酵環境にすること。
・微量栄養素を取ること
・その他
この3つを同時に実践したら、免疫力は急激に大幅に上がる。
私はこれまでの経験からそう確信しています。
以下に、順番におおまかに説明しますが、
多くの実証例など詳細は西日本新聞に連載した私の記事
(下記39話から最終69話まで)を読んで下さい
http://kinchangenki.hatenablog.com/entry/2019/03/10/082020
.
・・・
<腸内を発酵環境にするには>
1、腹八分目。おなかが空いてから食べる。肉など腐れやすいものを食べすぎない。
 おなかが空いたと感じている時間が、最高に免疫力が高くなるときで、これ、すごく効果高いです。
.
2、おなかだけは冷やさない
腹巻きをする、冷たいものを飲まない、果物は夜は食べない。生姜湯や玄米コーヒーはお勧め
.
3、口に食べ物がある間は飲まない。よく噛むことで唾液と食べ物を混ぜてから飲み込む
 唾液は食品を無毒化し、発酵力を高めます。これ、想像以上に効果高いです。
.
4、本物(無添加)の発酵食品(みそ、醤油、酢、漬け物)を選ぶ。
 原料が自然物だけで、何年でも品質保持できるものは、すごい発酵力があると言うことです。 
.
5、旬の有機野菜を食べる。
 本物の有機野菜は、野菜自体が、腐敗しにくく発酵しやすいです。有機野菜が手に入らなくても、旬の野菜ならそれなりにパワーがあります。

 ただ、やはり有機野菜は、その外部や内部にたくさんの有用菌がすんでいて(植物内生菌)、何か月も食べ続けることで、腸内細菌の種類を昔の日本人なみに増やし、本格的な免疫力を復活させる効果があると思っています。
.
6、寝る前におへそに手を当てて、「おなかの菌ちゃんありがとう」って言いながらおなかをの字を書くようにさする。
.
これらを実践すると1日~数日で腸が発酵環境になり、
時々ですが、ウンコが水に浮いたり、
1回目のティッシュに何も付かないようになったりしますよ。
..

<微量栄養素をとるには>
1、小魚を頭ごと食べる。
 海にはすべてのミネラルが集まっています。
 お勧めは毎日煮干しを10匹食べる。
 この項目が最重要。他に何をしても、これを忘れると効果は低くなる。
 なのに知らない人が多い。嫌いな人は、昆布でも可。
.
2、野菜は生で食べるより、味噌汁や煮物にしてスープごと食べる。きれいな皮や生長点は微量栄養素が集中しているので捨てない。
 煮汁こそ、吸収しやすいファイトケミカル(抗酸化成分)がいっぱいなんです。
 また、植物は紫外線や病原菌や害虫から身を守るために抗酸化成分を作りますから、無農薬なのに病気や虫害が少ない野菜はそれが多いと言うことです。
.
3、ご飯は分づき米にする。できれば無農薬(=植物内生菌がたっぷり)のものを選ぶ
 できれば雑穀や豆を混ぜる
.
..
<その他>
・「あいうべ体操」をすると、口呼吸がなくなり、免疫力の無駄づかいが減ります。
・ジュースやお菓子など甘いものを食べすぎると、免疫細胞の働きが速攻弱まります。
・食事の時に食べ物さんと菌ちゃんに感謝する。
・昼は日の射す明るいところで生活することで、深く眠る。
・外食や惣菜など、材料から手作りしていない食事の時は、
 ミネラル等を多く含んだ健康補助食品を加える。
・ワクワクする。笑う。腸内環境を整えると、自然とそうなりやすい。
・そして究極の方法は、
微生物さんたちに、「ごめんね、 許してなんて言えないよね。それなのに守ってくれて・・・」と言う。
そうすると心から「菌ちゃんありがとう!」って思えてきます。
ナウシカのように
・・・
..

この機会にできるだけたくさん、本気でやってみませんか。
1か月もかからずに相当な健康体になれますよ。
免疫力が上がるだけでなく、髪や爪の質が変化したり、
体調や精神面でも、自分で気づくほど効果を感じる人も多いです。
.
今回のウイルスは無症状なのに、
陽性で感染力がある人と、陰性で感染力のない人に分かれます。
同じ無症状でも、ウイルスは体中に蔓延してしまっている人と、
そうなる前に押さえ込んで人に感染させることのない人がいると言うことです。
自分は元気だからと言って、
身体が弱くて一生懸命生きておられる人に感染させたくありません。
最高に免疫力を上げて、誰にも感染させない体になりましょうよ。
.
やさいが霜にやられないように、
農家はビニールで覆って守ろうとします。
その守りが完璧すぎると、野菜自体の霜に打ち勝つ能力は弱ります。
そこでもしビニールが破れた場合は
かえって霜にやられてしまうのです。
無菌生活を完璧にしすぎると、免疫力は弱ります。
なのに結局は感染するとしたら・・
今やることは、過剰に防備しすぎず、乗り越える能力を上げることではないでしょうか。

.
PS
本気で菌ちゃんがありがたく感じられるようになる映画
「いただきます ここは発酵の楽園」が
3月上旬は、東京、神奈川、愛知で上映中です。
映画の中に、私もたくさん登場しますよ。
今は、どの映画館も人が少なくなってるから、感染リスクも少ないです。
このチャンスにぜひ見に行ってね。
詳細は公式サイト https://itadakimasu2.jp/

上映劇場は https://itadakimasu2.jp/schedule/

 

 

菌ちゃんげんきっこ使用者からのメール その12

感想を集めた記事は、今回でもう12回目。

うれしいメールが来るたびに、あらためて、気を引き締めて

菌ちゃんの土作りを徹底する気持ちが高まり

菌ちゃんやお野菜さんに感謝の気持ちがわき上がります。

 

皆様にも読んでいただきたいです。

菌ちゃんげんきっこの中の、野菜や菌ちゃんたちへの感謝の気持ちは、

さらに菌ちゃんげんきっこの能力を引き出すはずです。

 

●食べはじめて2週間くらいになります。

中学息子は、夏バテの食欲不振が食べた日から回復。

味噌汁やご飯にわからないように混ぜてますが、

イライラも少なく当たりが柔らかくなったかもしれません

お菓子が減りご飯を食べたいとゆうので嬉しいです

不登校ぎみの小6娘も、朝がいつもよりスッキリ起きれています。

オシッコによくいくように。いろいろな浮腫みが取れそうです

私は、まだ少し柔らかい便ですが、これから硬くなるのでしょうか

たくさんオシッコがでるし、気持ちも沈みにくくなり、

打たれ強くなり、掃除する元気もでました。

身体が熱いです

爪もよく伸びるし、髪も増えた気がします。肌も綺麗になった感じ。

頭、思考がスッキリ

44才ですが、いい商品に出会え良かったです

 

●最初は申し訳ないくらい半信半疑でした。

でも2歳半になる息子の食事に毎回白米の上にふりかけて食べさせたところ、、

まずウンチがあまり臭くなくなりました。

なんというか消化不良のようか臭いウンチなことがあったんですが

それが全くなく、気張らないと出ないという事もなくなり嬉しかったです。

それから出来る事ならと思いお味噌汁の出汁を毎日昆布とカツオでとり、

出し殻をおにぎりのおかずになど

今までなら面倒でしてこなかったことをやってみようという意欲が出てきました。

 

●5日目頃から少しずつ変化が出て来ました。

母は、便臭がとれて来ました。

私は、便秘が当たり前でしたが3日間、毎日排便があり便臭もありません。

母と二人で良くおならが出る様になりました。

腸内環境が菌ちゃんげんきっこのおかげで整えられている様に思います。

初めから沢山使っています。二人で7日使いやっと一袋が終わろうかと言う感じです。

味噌汁は、味が良くなりますね。

 

●菌ちゃんげんきっこですが、そろそろ二袋目が終わるところです。

土日に摂るのを忘れたり、夕食の時だけになってしまったりと、

ゆるくやらせて頂いています。

ここ数日、以前の体調と比べて変わってきたと感じられることが2つあります。

一つは朝すっと起きられるようになってきたことです。

初日は気のせいかな?昨日スマホをいじってそのまま寝てしまったせいかな?

と思っていたのですが、続いているので、

もしかしたら菌ちゃんのお陰かな?と考えています。

朝、早起きが大の苦手で、主人に起こして貰っても二度寝してしまうことがあり、

悩みの種でした。でも、それが嘘のように起きられて、

起床後も怠さや眠さが殆どありません。

また、よく寝られるようになったのか、疲れにくくなってきたように感じます。

二つ目は、便通が良くなったことです。

今までも、ひどくは無かったのですが、出ない日も度々ありました。

ところが、ここ数日、毎日出るし、すっきり出切った感じがあります。

 

●食べてからの効果はびっくりです。

私は友達から1袋いただいて1月1日から食べ始めて1か月半、

初めにイライラがなくなりました。

 

最近、ぐっすり眠れて夜中布団の中がすごく温かくなりました。

(気持ちがいいですね)。体温も少し上がりました。

これから先を楽しみにしています。

 

●げんきっ粉届きました。味も美味しいし、からだが反応しています。

アトピーが長らく続いていて、精神的にもかなり参ったこともありました。

からだが治ろうとしているのも感じています。

手のひらの湿疹、むくみ、その両方が短い時間に改善しています。

 

●いつもの献立に少し入れて子供たちが違和感なく取り入れ、食べてくれています

私自身体の変化としては集中力が増したかなと思うのと、記憶力が良くなった、

思い出しにくかった事柄をすっと思い出して会話したりと

脳がスッキリしたような気がしてならないです。

 

●先日まで入院しておりました。今回驚いたのは、病院食のことです。

病やケガで入院している人にとってはかなり劣悪なんではないでしょうか?

自己免疫力や、お腹にいる菌ちゃん達にとってはなかなかひどい食事ですよ。

お野菜は冷凍したものを戻している味です。

人参とほうれん草がやたら多い、そして時々タマネギです。

夏だったので、ナスやキュウリが食べたいけど、多分、衛生上無理なんでしょうねー。

看護師さんに聞いたら小児病棟なんてもっと滅菌に力を入れているので

パサッパサなのだそう。だから余計に食が進まないとか。

とにかく食事では栄養を取るのが難しいので、ちゃんと元気っ子持参。

すべてにドバトバかけておりました。

菌ちゃんのお蔭で、写真に撮りたいくらいの立派なバナナうんちが出ていました。

 

●きっかけは、ぎっくり腰で約3週間療養している中で、

筋力低下、便秘、気力の低下、自分の体への信頼低下、など、

鬱々とした気分をなんとかしたくて、始めました。

結果、(途上ですが)

気持ちよく動ける感覚が戻りつつある。

快便。

面倒くさがらずやれてる!嬉しい。

まだまだこの体で元気にやりたいことやっていこう!

となりつつあります。

元気っ子は美味しいし、お値段もお手頃なところがありがたいです。

世に健康に良いアレコレはたくさんあるけど、

びっくりするお値段なことが多くて・・。

 

●私は小学生の頃からパニック障害があり、19歳でストレスと環境の変化から悪化し

抗不安薬での治療の末、一旦は寛解しました。

その後、42歳で再発し、

メンタルクリニックで処方された抗うつ薬SSRI)が体に合わず悪化、

10日間、ほとんど食べられず寝たきり同然の経験をしました。

そして、パニック障害の再発と同時に慢性的な下痢になり、

一日に何度もトイレに通う日々で

腹痛からすっかり猫背になっていました。

パニック障害と慢性的な下痢に悩む中、勉強の一環で

たまたま購入した「やさい畑2019年秋号」に、吉田俊道様の記事があり

菌ちゃんげんきっこを購入するに至りました。

1年間悩まされてきた下痢が、菌ちゃんげんきっこを食べ始めてから、

2日で治まり、大変驚きました。

何種類もの市販の整腸薬、下痢止め、ヨーグルトを試しても治らず、

体重は減り、頬はこけ、

家族に大変な心配をかけていた中でのことでした。

体調が整い始めてから、吉田様の新聞での連載記事や

「菌ちゃん野菜作り&元気人間作り」を参考に

食生活の見直しを行っています。

 

●1袋に思ったよりたくさん入っていたので、2週間で1袋は使いきれず、

でもからだの変化は感じています。

妊娠中なのですが、そこまでひどい便秘にならずに済んでいます。

お腹が大きくなってきたことや、姿勢の問題なのか、

お通じが毎日とはなりませんが、食後にトイレに行きたくなるようになりました。

今までにはなかったしっかりしたお通じがあって、

宿便かな?と思うようなものもありました。

ひとり目の妊娠中はもっとひどい便秘で、産後も便秘などで悩みましたが、

このまま続けていれば大丈夫そうだなぁ、と感じています。

もうひとつ実感しているのが、なんとなく頭の中がスッキリしてきた感じがします。

  

抗生物質にワクチン・・無菌思想の結末その2

3話完結の最後の記事です。
個々人の感性の問題なので、なかなか書いてあるような感覚にはなれないかたも多いと思います。
まずは、こんな考え方もあるんだと思って欲しいし
あとは菌ちゃん野菜作りを自分で体験していく中で、
だんだん変わっていくものなのだろうと思います。

f:id:kinchanfarm:20200208052952j:plain

 

抗生物質にワクチン・・無菌思想の結末 その1

このところ、新型ウイルスの話題で持ちきりですね。

新型ウイルス怖いですか? 先日の講演会参加者約50名に聞いた結果は

とても怖い 2割

少し怖い 7割強

怖くない 6%

保護者対象の講演会とはいえ、食に関心のある人が多い中でこの結果ですから、

一般的には、ほとんどの人が過剰に恐れているのでしょうね。

でも、だから菌は全部殺す(殺菌剤)か、逃げるしか方法はないのでしょうか?

そもそも菌(ここでは広い意味で微生物全般を指します)はどうして存在しているのでしょうか?

なぜいい菌と悪い菌(病原体)がいるのでしょうか?

2007年に長崎新聞に連載した記事ですが、わかりやすく書けているので、

今だからこそ、ぜひ読んでみて下さい。

あと1話ありますので、明日か明後日に投稿します。 

f:id:kinchanfarm:20200207080815j:plain

 

f:id:kinchanfarm:20200207083406j:plain