感染症が激減した日本人ときゅうり

f:id:kinchanfarm:20210423135114j:plain

                      (グラフは東洋経済オンラインより)

「新しい生活様式が定着して、昨年は感染病が激減し、死者が減った!」
とても良いことのように伝えられています。
これは、農業の世界ですでに体験済みの「大きな勘違い」に思えます。
.
例えばきゅうり。私が農業改良普及員だったときに体験した話です。
連作しているうちに、次第に病気が発生してきます。
それを病原菌のせいだと勘違いしました。
農薬を散布し、土の中は臭化メチルという毒ガスで微生物を皆殺しにしました。
そうすると、本当に病気がなくなってしまったのです。
農薬、土壌消毒を徹底したおかげで、病気は激減した。
そう信じていた時期がありました。
ところがやがて、見学者が来ただけで、
数日後に病気が激発するようになったのです。
今までとはまったく異なる感染力で急激に広がったのです。
その本当の原因は、有用微生物までいなくなり、キュウリ自体の生命力が弱ったからなのですが、
当時は、それに気づかず、
これまた病原菌のせいだと思って、見学者もお断りにしました。
その結果、最後は、
どんなに農薬をかけても、すぐ病気が発生するようになってしまい、キュウリ栽培をあきらめました。
でも、そのすぐ横の、殺菌などしていない普通の畑では、同じキュウリが病気にかからずに元気に育っているのです!
.
現在では、一般の農薬を使う栽培では、
まだ土壌消毒を続けているところもありますが、
そのあとに必ず、有用微生物いっぱいの堆肥を入れます。
殺菌だけでは逆効果。
加菌しないといけないことは農業の常識になっているのです。
.
このキュウリを人間に置き換えて考えてみます。
長い間の清潔過ぎる生活で免疫力が低下したためか
昔から地球にいるコロナウイルスで死ぬ人が出てきました。
恐怖に駆られた人々は、菌から離れる生活様式を徹底しました。
その結果、あらゆる感染症が激減しました。
やはりこの対策は効果が高い!これでコロナも防げる。
そう信じて、人々はその生活を1年を超えて続けました。
.
すると、次第にコロナの感染力が高くなり、重症化率も高くなってきました。
それを、人々は、
自分が弱くなったからであることに気づかず、
コロナが変異株になったせいだと信じて、
緊急事態宣言で、さらにワクチンを急ぎ、マスクを徹底し人と会わないようしようとしています。
.
このまま行くと、人々はさらに弱くなり、いろんな病気にかかりやすく、死にやすくなるのではないでしょうか。
その横で、同じ病気にまったくかからない健康な人々がいることに気づき、
ようやく自分の問題であることを理解し始めるのでしょう。
.
「菌ちゃんごめんね・・・ありがとう!」
そんな、新しい希望の世界がまもなくやってくるのは確実ですが、
まだ多くの人は、トンネルの出口が思い浮かべられずにいます。
いつの時点で、人類はそのことに気づけるのか。
そのために、みんなで菌ちゃん野菜作り体験を広げていきましょう。

菌ちゃんふぁーむに山田孝之さん来る!

それは3月1日のこと。
山田孝之さんを連れてくるからインタビューに応じて欲しいと、プロデューサーから連絡があった。
.
山田孝之さん、プロデューサーのひゃくたろうさん、それにカメラマン、
さらにもう一人別のカメラマンもいて、
どうして2人要るのか聞いたら
その人は、別の会社の人で、ずっと山田孝之さんにくっついて録画している人で
数年に一度、編集して配信する仕事だとのこと。
さすがは大もの俳優なんだとあらためて思い知った。
.
菌ちゃんふぁーむを案内して、
私は、有機農業の基本的な仕組みを話し、
草だけを使った菌ちゃんの土作りを見せた。
とにかく理解が早い。
しかもその表情から、深く理解していることがわかる。
役者なのに、世の中のこといろいろわかっておられるようだ!
.
そして今日、発表されたニュースを見て、
やっと、山田孝之さんが考えていることの全貌がわかった。
これから、本氣の男の、大きな挑戦が始まるみたい。
 
 

 

f:id:kinchanfarm:20210413220202j:plain

 

f:id:kinchanfarm:20210413221013j:plain



草だけでキャベツも育つ

肥料食いのキャベツなのに、カヤだけで丸丸と育った!
米ぬかも何も入れていません。
現代農学の常識を超えた現象ですが、誰にでも出来ます。
アオムシはほとんど来ないし、とにかくうまい!!

f:id:kinchanfarm:20210319195635j:plain

ポイントは草を土と混ぜないなど、草を出来るだけ糸状菌に食べさせる工夫をすること。
糸状菌ちゃん(写真では、カヤについた白いもの)が
キャベツの根になって、栄養をつないでくれるんです。
.
今すぐ草を仕込めば5月下旬に夏野菜が植えられます。
6月いっぱいに草を仕込めば9月に秋野菜を植えられます。
.
詳しいやり方は、
本「菌ちゃん野菜作り&元気人間作り」(660円)
プランターでやりたいなら
DVD「免疫力アップ!超簡カンタン菌ちゃん野菜づくり」
.
どちらもお求めは菌ちゃんふぁーむネットショップの中の
本・その他の商品グループ
.
ちなみに菌ちゃんげんきっこなど加工品は https://kinchan.ocnk.net/product-list/1