菌ちゃんげんきっこ使用者からのメール その23回目

心が温かくなる内容で、現場で日々働くスタッフの励みになっています。みなさまにも読んで欲しいです。
・・・・・・・・・・・・・
.
大切なお友達に1つプレゼントしました。
その日の夜から元気っ子を食べて下さったみたいで、
1週間も経たないうちに
「元気っ子!凄すぎるんですけど!夜の寝つきが良くなって朝の目覚めがスッキリ気持ちよく目目覚めるようになったの!お通じもとっても快調になったわ!!」
と感激のメールをもらいました。
.
朝からフル活動で
仕事帰りに家族の夕飯の買い物から作り、
順に食べて片付けと一連の家事をすると
夜には疲れ果てて
お風呂にも入れなくほど動けなくなることが多々ありました。
それが!今日は、まだまだいける!!って感じなんです。
こんな感じは今までにない事です。
お通じも毎日は無かったのに、2回ある日もあります。
それが、お腹の中が本当にスッキリするくらいです。
.
3週間で一袋を使いました。
菌ちゃんを食べる前から便秘ぎみでした。
菌ちゃんを食べてから、便秘による不快感がなく、
浣腸をしなくても排便ができるようになりました。
しかも便も柔らかく、色も良いです。
明らかに腸内環境が良くなっているのが体感できます。
本当にありがとうございました。
.
菌ちゃんを使用し始めてからちょうど1ヶ月になります。
使用3日目で便臭と色、質に変化が出ました。
ちょうどこの頃健康診断で境界型糖尿病と診断され、
ウォーキング、カロリー管理、早寝早起きに加え
菌ちゃんを始めました。
1ヶ月経ち今は血糖値も平均値内におさまり体も軽く感じます。
寝起きに喉がイガイガした事があったのですが
完全に復活しています。
平熱が少し上がった事も関係あるのでしょうか?
生活習慣の大事さに加え菌ちゃんパワーの凄さに驚いています。年齢50越えですが、
養鶏場でバリバリ働きながら家事育児も絶好調です。
これからも菌活していきます。いつも菌ちゃんに携わって下さるスタッフの方々本当に有難うございます。
.
げんきっこ効果ですが、
我が家で最初にうんちが浮くようになったのは猫です。
1日小さじ1くらいとっています。
便秘傾向がある子で2日に1度くらいなのですが、
プカプカ浮くようになりました!
うんちの出もスムーズに見えます。
うちの猫飯は手作り飯です。
げんきっこが栄養補給してくれているのだと思います。
ありがとうございます!
人間の腸環境の変化もゆっくりですが
いい感じになってきていると感じます。
体の大きさを考えたら私も猫の10倍くらい食べたら
腸内細菌の活性化効果も早いのでしょうね(笑)
げんきっこの袋には脳の活性化とも書かれていますが、
私はそちらの方を先に感じました。
睡眠が少ないと朝起きるのがとてもしんどかったのですが、
かなりラクになりました。
それと、いま必要のないことに意識が向きにくくなったな~
と感じています。
別にそのように変えたいと思っていたわけではありません。
自然にそのように変化が起こってきた感じです。
それと、菌ちゃんのお話を聞いてから、
自分も循環の一部なんだな~
という感覚が自然に湧いてくるようになりました。
菌ちゃん、菌ちゃんふぁーむのみなさま、ありがとうございます!
.
便通は悪くはありませんでしたが、今は絶好調です。
体重はほとんど変わりありませんが、
体脂肪率が滑り台を降りるように減少しています。
菌ちゃん玉子しらす雑炊がとても美味しかった。
面倒なときは、お湯で薄めてそのまま飲んでいます。
.
孫が菌ちゃんふりかけがないとご飯食べないんです!
1歳半なんですが
やはりわかるんですね!
.
毎日重宝しています。
お野菜パウダーは、
朝のグリーンスムージーに使わせていただき、
菌ちゃんげんきっこは、温かいスープに入れたり、
時間のない時はお湯に溶かして
少しのお塩を入れて飲んでいます。
旨みがじわぁと広がりホッとします。
身体も内側から元気が出てくるようで
夜まで元気が続きます。
愛情たっぷりに育てられたお野菜のエネルギーを
身体に取り込むことができるのが
何とも言えない幸せを感じます。
美味しくて、幸せを感じれて、なんだか元気だな、
という日々を過ごさせていただき
お野菜を育ててくださっている方々には
尊敬の思いと感謝の気持ちでいっぱいです。
.
 
 

バイキンが必要なわけ

足を丈夫にするにはどうしたらいいでしょうか?

まずは足の骨や筋肉が発達するために必要な栄養を取ること。

そしてもう一つ、実際に歩いたり走ったりすることです。この二つが必要です。

暑さに強い身体になるにはどうしたらいいでしょうか?

まずはそれに必要な栄養が足りていること、

そしてもう一つ、実際に暑さを体験して初めて、発汗能力などが発達するわけです。

私たちの免疫システムを発達させるのも同じなんです。

ミネラルやファイトケミカルなどの微量栄養素をしっかり取り

(頭ごと小魚や無農薬なのに虫害が少ない菌ちゃん野菜を食べる)、

腸内細菌を発酵型に変える

(よく噛んだり本物の発酵食品をとるなどしていいウンコを出す)。

これで免疫力を高めるための材料はOKです。

でもあと一つ必要なんです。

それは実際に免疫システムを使うこと。

つまり雑菌や雑ウイルスに遭遇することなんです。

そして最後は病原菌に遭遇することで、いよいよそれに負けない体になれます。

アンパンマンは、バイキンマンに遭遇しない限り、アンパンチを稼働できない。

だからバイキンマンが毎回登場してくれないとアンパンマンは育たないのです。

.

私は、病原菌とは父親の愛だと思っています。

この地球上では、ただ甘やかしていては強くなれない。

時には厳しさが必要なんです。

試練はすべて逃げればいいわけではありません。

時にはそれを乗り越えなければ、どんどん弱くなっていってしまうのです。

.

専門家の話をうのみにして、この1年半年以上、

本氣で周囲を殺菌し、マスクをして人と距離を保つことで、

本氣で人同士の菌やウイルスの交流を避けてきた人は、

相当免疫システムが弱体化していると考えられます。

歩かないと足は細るのと同じです!

そうなると、どんなにいいものを食べていいウンコができていても、

ひとたび新種のウイルスに遭遇すれば、発症してしまいます。

ただし、もともとしっかりした足を持っていた人は

使い始めると元通りの強い足になるのは早いです。

先に書いたように免疫力を高める材料が足りている人なら、

今のコロナ程度なら何とか免疫システムを稼働させて、

重症化する前に乗り越えられるでしょう。

でも、免疫力を高めるための材料も足りず、

かつ本氣で菌との遭遇を拒否してきた人はこれからどうなるのでしょう・・・

以前に書いた農業で起こった道筋通りのことが、

今現実の人間界に起きつつあります。

どんなに消毒殺菌しても育たなくなったきゅうりの隣で、

菌だらけの中で元気に育つきゅうりの話です。

陽性になっても何も症状のない元気な人も多い中で、

みるみる重症化していきとてもとても苦しい思いをしておられる人々。

同じ病気なのにこの明確な2極化はなぜなのか!

その理由は、ここまで読んでくれたあなたなら普通にわかる話ですよね。

でも専門家にとっては、それは科学的データがないからと言って無視します。

そして今後ますます人々の交流を止めさせ、新しいワクチンを打たせるでしょう。

農業の世界も同じなんです。

専門家は、アオムシはキャベツを食べると信じています。

だから防虫ネットを張るか農薬をかける、

つまり虫から逃げるか虫を殺すかを一生懸命に農家に指導してくれます。

でも菌ちゃんふぁーむでは、

そんなことしなくてもほとんどアオムシが食べません。

でも専門家は、そんな科学的データはないから偶然だろう」

と勝手に判断して今のところ研究する気が無いようです。

だからいまだに科学的データがないのです。

.

しっかりいい食生活をしているのに、

治りはしたけど中等症まで行ってとても苦しい思いをした人も出てきています。

そのかたは仕事上、殺菌消毒や人との交流をしっかりと避けてきた人でした。

中途半端の対応ではだめなのかもしれません。

いよいよ風雲急を告げています。

誰に文句を言っても頼っても仕方ありません。

地球に菌ちゃんに活かされていることを本氣で感謝してその通りに行動するか、

敵かもしれないものは殺すか逃げて生き続けようとするか、

どちらも一理ありますが、行動的には正反対になります。

あなたが自分で判断してその通りに行動するしかありません。

f:id:kinchanfarm:20210911054349j:plain



 

北海道テレビさんも放送

現在27万回再生
柴咲コウさんと私の無肥料野菜作りの動画
 
実はあのとき、北海道テレビさんも同行、取材していて、
別の角度から編集・放送し、YouTubeにも乗せてくれました。
2つ合わせてみるとさらによくわかると思います。
こちらは、柴咲コウ「愛」がにじみ出た編集になっています。
全18分です。見てね

f:id:kinchanfarm:20210816063007j:plain

f:id:kinchanfarm:20210816062916j:plain

10分55秒付近には、どうして無肥料で栄養たっぷりの野菜が育つのかを
アニメーションにして、わかりやすく説明していますよ

f:id:kinchanfarm:20210816062851j:plain

.
この土づくりの続きの動画公開はまだ先になりますが、
この無肥料野菜作りの詳細を22ページにわたり特集した記事が、
9月4日全国書店で発売予定の雑誌「やさい畑」(家の光協会
に掲載されます。
菌ちゃんふぁーむネットショップ http://kinchan.ocnk.net/
でも販売します

柴咲コウさんも菌ちゃんの土作りに挑戦

柴咲コウさんと吉田の、漫才のような土作り動画
https://www.youtube.com/watch?v=5Lu-xrjOQYI&t=987s


これに触発されて、実践始めた人、興味を持った人が、俄然増えてきました。
大変ありがたいことです。

実は北海道テレビさんも一緒に取材に来ていて、地元で報道された別の動画が、YouTubeで公開されました。
柴咲コウの魅力が全面的に出ています。
こちらもどうぞご覧下さい。
https://www.youtube.com/watch?v=UcWrAUxLJbs

全18分です。
どうして草とかモミガラだけで野菜が育つのか?
それをわかりやすく説明したわかりやすいアニメまで北海道テレビさんが制作してくれました。
10分55秒付近です。ぜひ観て下さいね。

これで野菜が育つのか?半信半疑な人も多いでしょう。
また、動画を見ただけではまだわからない。もう少しやり方を詳しく知りたい。
と思う人がとても多くなりました。

それは現在欠品中の「菌ちゃん野菜作り」の改訂版に詳しく掲載される予定ですが、
時間がなくて、いまだに編集が終わりません。
発売は9月になるかもしれません。

そうなると、家の光協会発行の雑誌「やさい畑秋号」が発売される時期になります。
こちらに、特集記事として、とっても詳しく掲載される予定ですので、
これを見て準備すれば、来年春には植えつけ出来ます。

また、佐世保の菌ちゃんふぁーむでも再度実践研修会をすることにしました。
実際に、モミガラだけ、竹チップだけ、草だけでとても元気に育つ夏野菜たちを見ることが出来ます。
日時 8月7日土曜 9:30〜12:30
アクセス、申込方法、内容など詳細は 
https://kinchan.ocnk.net/page/3
今後のイベント予定もここに掲載しています。

菌ちゃんげんきっこ使用者からのメール その22

菌ちゃんげんきっこ使用者からの喜びのメールもこれで22回目。
一緒に喜んでくれる、優しいあなたに、どうぞ読んで欲しいなあ・・・
当然ですが、特に効果を感じた人だけが、こうしてわざわざ喜びのメールを送ってくれるわけです。
また、菌ちゃんげんきっこはただの食品で薬ではありません。
腸内環境の改善と、微量栄養素が充足することにより、健康度が上がり、自分で自分の心や体の調子を整えていくものと思います。
.
●わたしのうれしい体感は、以前より口の中の状態がきもちよくなり、味覚もよくなりました。
その変化のおかげで、胃腸が弱っていることに氣付くことができ、追加で吸収率強化タイプを購入して、とにかく口にするよう生活しています。
爪もよく割れていたのですが強くなり伸びも早く、イライラも激減して、朝の目覚めも軽やかになりました。
もともと胃腸が弱いので、何をしてもすぐに疲れてしまうのが悩みだったのですが、家事の仕事率もアップしてます。
これからさらに気力・体力ともにパワーアップできそうで、とても楽しみです♪
あと、指の切り傷などの治りも、とても早いです。
●ここ寝つきが悪く、夜中にトイレに起きた後なかなか眠れない、
途中覚醒してしまうという睡眠トラブルがなくなってきました。
ぐっすり寝られて嬉しいです。
これからも毎日しっかりとって、菌活で元気で腸活動し軟便が普通に、頻尿も治ってきたら最高です。
中身も味も言うことないので、健康でいられる自信がつきました。
.
●1週間弱でかかとのガサガサがなくなり、肌のキメが整い、全体的になめらかになりました。
強度近視ですが、疲れにくくなり、ドライアイの発作が減り、
入浴中ふと風呂のタイルが裸眼で前よりはっきり見えます。
.
●食に無頓着で外食の多い両親にもプレゼントしました。 
父母共に70代ですが、二人とも基礎体温が上がってきているようです。
特に父親はずっと基礎体温が低く気になっていたのですが、最近は36度代まで上がっているようで家族みんなで驚いております!
.
●げんきっこを食べたいがためにご飯をおかわりするほどです
80過ぎの両親は、肌の調子が良いとか、曲がっていた指が真っ直ぐになってきたと言って喜んで食べています
.
●げんきっこを飲み始め、我が子3人とも便通はもちろんのこと質もよくなりました!!!私もですが。1番下の2歳の娘は少し肌が弱かったのですが、最近は潤いもでてきて綺麗な肌になったと実感してます。お友達にも配ったので、お友達の変化が楽しみです。
.
●昨年白内障の手術をうけてから良く見えるようになりましたが、何となく不調でしたが、ここ数日楽になった感があり、便通、睡眠、朝のスタートもスムーズでとても有難いです。
プールにいっても前より疲れが違い、体が軽くよく動けます。
これからも続けて、また購入した本も伝えていきたいです。新たな目標ができました。
.
●ご飯にはもちろん、サラダにも和え物にも、ドレッシングやタレにも何にでも入れてます!
驚いたのはまず、届いた日の夕食でご飯にかけました!
ご飯を食べて2時間ほど…トイレに行きたくなり驚くほど長いのが出ました(笑)
想像されているのの多分倍の長さです!
昔はよく出ていたのですが3年ほど前から不摂生をして、
食生活も自炊する事はほとんどなくお菓子で済ますような事もよくあったので
多分身も心もカスカスでよく生きていたと思います。
そして、翌日昼食後は2本、夕食後はまたロングが出ました!
腸が喜んでいるようで本当に嬉しいです。
いつまでも菌ちゃんが元気に生きていられる地球でありますように!!
そして、菌のすごさに気付く人が増えますようにー!!!
.
●げんきっこ始めた翌日、ドドーン!と大量に出ました!!!
笑っちゃうくらい、出ました!笑
続けて3日、バナナは続いたものの、調子に乗って久しぶりにヨーグルトを食べてみたら2日間排便無し。合わないのかもしれません。
その後、ほぼ毎日、1回は便通があります!
快腸になると、カラダが軽く感じるだけでなく、キモチも晴れ晴れしますね!嬉しいデス。
.
●食べ始めて4~5日したころ、ドボドボっと出ました。
ふりかけは、ごはんや味噌汁に入れて続けておりました。
そして、また4~5日後 ドボドボっと出てきました。
よ~く見てみると明らかに、いままでのと違います。
今までは、なんとも硬くて、長ーいものが出ることはめったになかったのですが、
なんだかフワフワで、長ーいものが出てきて、とてもビックリしました。
なんだかそれが、フワフワの土の中を連想させるのです。
ちょっとこれは、菌ちゃんふりかけしか思い当たらなくて。。続けて見ようと思いました。
 

新型コロナさんごめんね。ありがとう

今から山に登るからと言って、先に足の筋肉を発達させておくことは出来ません。山に登って筋肉を使って初めて、筋肉が発達します。

アラスカの人も、フィリピンに行ってから、初めて発汗能力を上げていきます。

免疫力も同じです。いろんな雑菌、病原菌が体内に侵入して、それを排除するうちに、人は総合的な免疫力を高めていけるのです。

わかりやすく言うと、バイキンマン(雑菌)がいない限り、アンパンマン(免疫システム)はアンパンチの練習が出来ないのです。

私たちの体の中のアンパンマンにとって、バイキンマンは敵ではなく、本当は無くてはならないとっても大切なお友達だったということです。

どこにも行かない、誰とも会わない、そして殺菌消毒を繰り返すほど、いざ病原菌に遭遇したとき重症化しやすくなります。

なのに多くの人たちは1年以上バイキンマンを遠ざけた生活をしてきました。これから、食中毒や様々な感染症で重症化しやすい人々が増えてきます。詳しくは1つ前のブログに書いたとおりです

 

 

f:id:kinchanfarm:20210628163545j:plain

それほどのリスクを冒すほど、新型コロナは恐ろしい存在なのでしょうか。

グラフの赤と青色の欧米人にとっては確かにそれなりの人が死んでしまうような病原菌でした(実際の死因はコロナ以外のものも相当数含まれています)。

ところが日本や東南アジアの人々は、いまだに極端に致死率が低いのです。

簡単に世界中に広がる時代で、同じ病原体なのに、これほど死者数が違うのはなぜか?

それをテレビに出てくる専門家は誰も取り上げません。ただの偶然だと思っているのです。

同じコロナで、死亡するかそれとも無症状のままか、それはまるでロシアンルーレットと同じだと言う専門家もいます。

さらには、日本は運良く今まで広がらなかっただけで、油断すると必ず欧米のようになると言っています。

 

 菌ちゃんふぁーむのキャベツにはアオムシがほとんどつかなくなりましたが、それはロシアンルーレットのようにただの偶然なのでしょうか?油断していたら来年は激発するのでしょうか?

そんな馬鹿なことはありません。高分子の栄養素をたくさん含む健康なキャベツほどアオムシは食べにくくなることは以前説明した通りです。

でも病害虫の専門家は、本氣で、たまたま虫が来なかっただけとまだ考えているようなのです。それが自分の専門分野だけしか見てこなかった専門家の限界とも言えます。私たちは広い視野で判断すべきです。

f:id:kinchanfarm:20210628163822j:plain

この図は、各国の米消費量と感染者数の関係です。お米をたくさん食べている国ほど感染者が少ない傾向が これほど明瞭に表れたのです。反対に、小麦を食べている国ほど感染者数が増えていることもわかっています。

どうも米+野菜の発酵しやすい食事をしている国が感染者が少ないようです。

反対に小麦の場合は肉と合わせて洋食になりますが、肉は腐敗しやすいし、小麦で作る安いお菓子をたくさん食べている子はウンコがとても臭く、お菓子を止めると途端にウンコが変わると言う話は、保育園の現場でよく聞くことです。

 

と言うことは、 どうもおなかが発酵している人が感染しにくいのではないか? 

そう思っていたら、今年長崎大学が画期的な成果を発表ました。

f:id:kinchanfarm:20210628164301j:plain

「5-アミノレブリン酸(5-ALA)」というアミノ酸が一定量あるとウイルスが完全に増殖しなくなるのです。

5-ALAはすべての生物に含まれる生命活動の基本的な物質で、サプリメントとしてもすでに市販されていて、それは光合成細菌を発酵させて作っているそうです。

簡単に言うと、私たちにとっては何の毒性もないとても有益な発酵成分が一定量あるだけで、新型コロナは急にまったく作用しなくなるという結果ですよ! なんと都合の良すぎる話でしょう。

ただ、新型コロナが感染しなくなるだけの5-ALAを取るには、発酵食品を不自然に多く食べる必要があります。

しかしそれは5-ALAだけの効果を調べたからかもしれません。実際は微生物は発酵によって他にもたくさんの種類の代謝物質を生産しています。それらは新型コロナに効果はないのでしょうか。

 

このグラフは別の研究論文からですが、 各国の結球キャベツ消費量(大量に食べる国はザワークラウトなどのように乳酸発酵させて食べることが多い)と100万人あたりコロナ死者との関係です。

f:id:kinchanfarm:20210628164408j:plain


発酵キャベツを食べている国は致死率が低い!かなりはっきりとした関係になっています。こちらの論文では野菜と乳酸菌の持つ成分が関係しているのではないかと考察しています。

つまり5ALAだけではない、様々な発酵成分が影響しているのです。

やはり、おなかが発酵している人だとコロナは寄りつかないが、腐敗に傾いている人だとどんどん侵入してくるのではないでしょうか。

今はまだ一つの仮説ですが、これだけの調査結果があるのですから、かなり真実に近い気がします。

 

 

長崎大学の研究は、発酵成分によって体が元気になり、免疫力でコロナをやっつけたという話ではありません。新型コロナが発酵成分5-ALAに触れただけで、細胞に感染しなくなったと言うのです。現在、実際の患者さんに対して臨床試験が始まったところです。

5ALAが新型コロナの感染力をなくす作用について、科学的考察もされていますが、

それはそれとして、私には、コロナはアニメ映画「もののけ姫」に登場する「シシ神様」の一種ではないかと思えるのです。

シシ神とは可能性のある命を支え、可能性のない命は吸い取って新たな生命を作る神様のこと。

現実世界で言うと微生物や虫などの分解者たちです。

例えば乳酸菌は、私たちの腸内に住んで私たちの命を支えていますが、私が死んだらその死体を食べて増え、次の生命体に命をつなぎます。

例えばウジ虫は、大けが等で動物や人の体の一部が腐り始めたとき、そこに発生して死んだ部分だけ選んで食って、まだ死んでいない細胞は再生させることができます。現在では手足が壊死し始めた糖尿病患者の手術に使われています。

コロナも、菌ちゃんだらけの発酵した人々には手を出さず(または支えているのかも)、腸内細菌が腐敗に傾いている人だけ命を吸い取っているのかもしれません。

だとしたら、シシ神に戦いを挑んでもシシ神はもっと強くなるだけです。

多くのシシ神(微生物)たちに感謝してシシ神と共に生きる体になればいいのです。

 

  

世界中に感染が広がった新型コロナ。

この地図から見えるのは、東南アジアだけでなくアフリカとオーストラリアも、感染はしても結局ほとんど死んでいないということです。

f:id:kinchanfarm:20210628164612j:plain


この理由を発酵という視点で考えると、

アフリカの人たちの多くは確かにキャッサバを発酵させて食べています。

オーストラリアについては早い段階からの厳しい行動制限の成果だと言う見方が多いですが、それだけではなく、ほとんどのオーストラリア人が食べている発酵食品ベジマイトとの関係があるのではないでしょうか。

 

 

f:id:kinchanfarm:20210630214953j:plain

この地図を見ると、同じイタリアなのに、北部だけが極端に死亡率が高い。実は南部では野菜や雑穀そして肉ではなく魚を使った伝統的な地中海食が多いそうです。

 

どうも腸の発酵と言う視点で見ると、世界各地のコロナの広がりの強弱に説明がつけられそうです。

どうして沖縄と北海道は発症者が多いのかについても、アメリカナイズされた食文化や肉食との関係があるのかもしれません。

 

新型コロナウイルスは、もしかしたら地球からの使者なのではと思えてきます。

「地球の生命たちをこれ以上壊さないで!みんなでつながって命でいっぱいの星にしようよ。このままでは人さえも住めなくなるよ。」

「腸内環境は、地球環境の縮図。だから化学物質を使わずに、自然の循環で育ったものをいただいている発酵の楽園に住む人には手を出さないけど、菌ちゃんいっぱいじゃない、ウンコの臭い人は、いったん地球から退場してください。」

そう言っているのかもしれません。

 

腐敗気味の腸内細菌叢の人が、発酵型に変わるのは意外と早いですから安心して下さい。

詳しくは私の本を読んで欲しいですが、この図の左下の枠内に書いてあることをしっかり実行すれば数日で便が変わります。

例えば「菌ちゃんげんきっこ」を数日食べただけでも便の匂いが変わる人は多いですよ。

f:id:kinchanfarm:20210820104146j:plain

 




 

感染症が激減した日本人ときゅうり

f:id:kinchanfarm:20210423135114j:plain

                      (グラフは東洋経済オンラインより)

「新しい生活様式が定着して、昨年は感染病が激減し、死者が減った!」
とても良いことのように伝えられています。
これは、農業の世界ですでに体験済みの「大きな勘違い」に思えます。
.
例えばきゅうり。私が農業改良普及員だったときに体験した話です。
連作しているうちに、次第に病気が発生してきます。
それを病原菌のせいだと勘違いしました。
農薬を散布し、土の中は臭化メチルという毒ガスで微生物を皆殺しにしました。
そうすると、本当に病気がなくなってしまったのです。
農薬、土壌消毒を徹底したおかげで、病気は激減した。
そう信じていた時期がありました。
ところがやがて、見学者が来ただけで、
数日後に病気が激発するようになったのです。
今までとはまったく異なる感染力で急激に広がったのです。
その本当の原因は、有用微生物までいなくなり、キュウリ自体の生命力が弱ったからなのですが、
当時は、それに気づかず、
これまた病原菌のせいだと思って、見学者もお断りにしました。
その結果、最後は、
どんなに農薬をかけても、すぐ病気が発生するようになってしまい、キュウリ栽培をあきらめました。
でも、そのすぐ横の、殺菌などしていない普通の畑では、同じキュウリが病気にかからずに元気に育っているのです!
.
現在では、一般の農薬を使う栽培では、
まだ土壌消毒を続けているところもありますが、
そのあとに必ず、有用微生物いっぱいの堆肥を入れます。
殺菌だけでは逆効果。
加菌しないといけないことは農業の常識になっているのです。
.
このキュウリを人間に置き換えて考えてみます。
長い間の清潔過ぎる生活で免疫力が低下したためか
昔から地球にいるコロナウイルスで死ぬ人が出てきました。
恐怖に駆られた人々は、菌から離れる生活様式を徹底しました。
その結果、あらゆる感染症が激減しました。
やはりこの対策は効果が高い!これでコロナも防げる。
そう信じて、人々はその生活を1年を超えて続けました。
.
すると、次第にコロナの感染力が高くなり、重症化率も高くなってきました。
それを、人々は、
自分が弱くなったからであることに気づかず、
コロナが変異株になったせいだと信じて、
緊急事態宣言で、さらにワクチンを急ぎ、マスクを徹底し人と会わないようしようとしています。
.
このまま行くと、人々はさらに弱くなり、いろんな病気にかかりやすく、死にやすくなるのではないでしょうか。
その横で、同じ病気にまったくかからない健康な人々がいることに気づき、
ようやく自分の問題であることを理解し始めるのでしょう。
.
「菌ちゃんごめんね・・・ありがとう!」
そんな、新しい希望の世界がまもなくやってくるのは確実ですが、
まだ多くの人は、トンネルの出口が思い浮かべられずにいます。
いつの時点で、人類はそのことに気づけるのか。
そのために、みんなで菌ちゃん野菜作り体験を広げていきましょう。